Google
Google
×
次の検索結果を表示しています: どんど焼き
元の検索キーワード: どんと焼き

左義長

さぎちょう
左義長とは、小正月に行われる火祭りの行事。地方によって呼び方が異なる。日本全国で広く見られる習俗である。 ウィキペディア
とんど(歳徳)、とんど焼き、どんど、どんど焼き、どんどん焼き、どんと焼き、さいと焼き、おんべ焼き等とも言われるが、歳徳神を祭る慣わしが主体であった地域ではそう呼ばれ、出雲方面の風習が発祥であろうと考えられている。とんど ... 内容 · 起源 · 各地の祭り · その他の呼ばれ方
2020/01/15 · 田んぼや広い空き地、神社の境内では、数日前から地域の方が青竹や藁、ひのきの枝などでやぐらを準備している姿が見受けられます。 どんど焼きでは、各家庭の正月飾りや子どもたちの書き初め、お守りやだるまなどを焼いて ...
2019/01/15 · 田んぼや広い空き地、神社の境内では、数日前から地域の方が青竹や藁、ひのきの枝などでやぐらを準備している姿が見受けられます。 どんど焼きでは、各家庭の正月飾りや子どもたちの書き初め、お守りやだるまなどを焼いて ...
「どんど焼き」の動画
2018/09/30 · ここで焼いたお餅などを食べることで無病息災を願うと言った様々な意味のある重要なお正月の行事です。 地域によって ...期間: 3:01 投稿: 2018/09/30
どんど焼きは1月14日の夜、あるいは1月15日の朝に、正月の間に飾ったお飾り、しめ縄、門松などを燃やす行事です。 正月に各家に降りてこられた年神さまを、お飾りを燃やす炎とともに天に送るという意味合いの行事とされ、 その火 ...
2019/01/09 · どんど焼き(C1815さん撮影、WikimediaCommonsより)「どんど焼き」は、 正月の松飾り、注連縄(しめなわ)、書き初め、お札やお守りなどを一箇所に集めて燃やす、火祭り行事だ。時期は1月中旬、15日前後の、いわゆる ...
「どんど焼き」って何だか知っていますか?お正月に飾っていた門松・竹・ 注連縄(しめなわ)などを集めて焚く、伝統行事です。そして、この火で焼いた餅を食べその年の無病息災を願う、灰を持ち帰り家の周りに撒いて病を避ける、 など ...
どんど焼きとは、正月にそれぞれの家庭にお迎えした歳神様をどんど焼きの炎と共に見送る行事と言われています。 勝山左義長のどんど焼き. 勝山左義長まつりにおいても、どんど焼きが行われます。 勝山左義長のどんど ...
どんど 焼 や き. 1月15日頃. お正月の間飾っていた松飾りや注連(しめなわ)飾り・書初めなどを、神社の境内や広場に持ち寄ってお焚き上げする行事のことです。 このどんど焼きの煙に乗って、歳神さまがお帰りになるといわれています。
「どんど焼き」の動画
2020/01/12 · 「どんど焼き」はお正月に降りてきた賽神様を旧暦の小正月に松飾りやしめ縄、 書き初めなどを燃やして見送ると ...期間: 1:05 投稿: 2020/01/12